花が咲かない、サクラ



桜が一本
病院の中に
しかし 春なのに

さかない 桜
さけない、サクラ
さいてよ!サクラ
さいたら?サクラ
さくのか!?サクラ
さきなさい。サクラ

みんながそれぞれ
違うことばをかける
毎年、毎年、
声をかけられる、桜
私も声をかけた
──よかったら咲いて、桜。
私はあと数日で
ここから消えてしまうの。
最後一度だけでも
あなたのすがたを見ておきたいの──

真実だった。


翌日桜に
花が三つついていた

──人々はこのサクラを
最後のサクラと呼ぶ──


(C)Echigawa karasu 2007